冷房病と冷え性対策

冷房病ってなに?

 

冷房病って聞いたことありますか?

 

クーラー病ともいいますが、夏の暑い時期になるとクーラーがガンガンに効いた部屋にいると、頭痛や肩こりがひどくなってくる、夏場の冷え性って感じの症状ですよ。

 

 

部屋の外はすごく暑いのに、室内は冷房が効きすぎてしまって、夏なのに何か羽織ったりしなければ寒くて耐えられない状況ですよね。夏ですごく暑いのに、部屋の中は冬のように寒いというすごくアンバランスな環境に起きる症状です。

 

 

特に、会社などの他に多くの人がいる場所や、お店などのように外からくるお客さんのためにかなり設定温度が低めになっている環境にずっといる人に冷房病は起きやすくなります。その中でも、じっと座ってデスクワークが中心の女性には多いようです。

 

元々、女性は冷え性になりやすい人が多いですが、夏場の冷房病になる方も多いようです。

 

 

冷房病になってしまうと、体の冷え、むくみ、疲労感、肩こり、頭痛、神経痛、腰痛、腹痛、食欲不振、便秘、下痢、頻尿、不眠、鼻炎、月経不順など様々な体調不良が現れてきます。

 

冷房病の原因は?

 

では、この冷房病の原因は何かというと、温度差の大きさからくる自律神経のバランスの崩れだと言われています。

 

自律神経は自分ではコントロールできないため、急激な温度変化が起きても対処できずにバランスを崩してしまいます。それが繰り返されると、その変化に対応できなくなり体調不良を引き起こしてしまいます。

 

自律神経のバランスは、交感神経と副交感神経のバランスが保たれることにより成り立っています。交感神経は体温を下げ、副交感神経は体温を上げる調整をしますが、この調整が上手くできなくなるために体調不良が起きてしまいます。

 

自律神経のバランスが崩れると、様々な体調不良だけでなく、精神的な気分の落ち込みややる気のなさといったうつ症状も出てきてしまうので注意が必要です。

 

 

冷房病の原因は、温度変化に対応できなくなり自律神経のバランスが崩れてしまうことですが、この温度変化は5℃が目安だと言われています。5℃以上の温度変化がある室内と室外を頻繁に出入りすると自律神経のバランスが崩しやすくなるので気をつけましょう。

 

冷房病の対策は?

 

冷房病は自律神経のバランスを崩さないように、温度変化ができるだけ少ないようにすることが大事です。室内の温度をあまり低く設定しないことも大事ですが、会社などの公共の環境では自分だけのために温度設定することもなかなかできません。

 

その場合は、洋服をさらに羽織る、温かい飲み物を飲むなどの個人的にできる対策をするしかりません。

 

冷房病も冷え性も、冷えからくる血行不良や自律神経の乱れが原因ですから、夏場の暑い時期でも、もし冷房病かなっと思ったら、冷え性対策をしましょう。

 

冷え性は、服を羽織るなどの対処的なものではなく、体の内側から改善していかなければ、根本的な改善にはなりません。

 

冷房病で悩んでいる方は、冷え性対策をして乗り切ってくださいね。